2 3 4 5 ログイン

【ゆるねと通信】ウクライナ戦争における「真偽不明の怪情報」をマスコミが次々垂れ流し!、ゼレンスキー大統領の背後にうごめく「黒い人脈」、安倍元総理の「起訴相当」を求めて弁護士グループが検審に申し立て!

(ゆるねと通信 2022年4月15日号)

全ては日本を「戦争が出来る国」に変えるため!ウクライナ戦争における「真偽不明の怪情報」をマスコミが次々垂れ流し!

米英豪がAUKUS参加を日本に打診した事実はない=官房長官

[東京 13日 ロイター] – 松野博一官房長官は13日午前の記者会見で、米国、英国、オーストラリア3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」に日本が参加を「打診された事実はない」と述べた。

産経新聞は、複数の政府関係者の話として、米英豪それぞれが非公式に日本のAUKUS参加を打診していると報道した。

~省略~

【ロイター 2022.4.12.】

苦戦するロシア軍、続く情報機関の内部告発 その信ぴょう性は

ロシアによるウクライナ侵攻を巡り、ロシアの情報・治安機関、連邦保安庁(FSB)からの「内部告発」とされる手紙をロシアの人権活動家が公表し続けている。侵攻を巡るロシアの軍・治安機関内部の動揺がつづられているほか、ロシアのプーチン政権内で昨夏に日本との武力衝突の可能性が検討されていたという驚きの内容も含まれている。この「告発」はどこまで信用できるのか。

~省略~

手紙の公開を続けているのは、ロシアの刑務所などでの拷問について調査を続ける人権団体「グラーグ・ネット」代表のウラジーミル・オセチキン氏(40)。自身も拘留経験があり、今はフランスで亡命生活を送りながら、ロシアの治安機関による人権侵害や汚職などを告発してきた。

毎日新聞のオンライン取材に応じたオセチキン氏によると、「FSBの将校グループ」を名乗る匿名のメールが届き始めたのは2021年10月だった。

~省略~

これまでに「内部告発者」から届いた手紙は15~20通。その中で強調されるのは独裁的な権力を持つ指導者の下にある政権内の揺らぎだ。「報告書は上司によって政治的に正しく書き換えられ、バラ色の、つまり誤った光景が作り出されることになる」「体系的な仕事はどこでも潰され、上層部は何が起きているか、何をする必要があるか、きちんと把握できていない」

~省略~

【毎日新聞 2022.4.10.】


出典:テレ朝news

ウクライナ戦争が勃発して以来、日本の大手マスメディアの報道の質がかつてなかったまでに劣化してきています。
これまで報じられた、「米英豪が日本にAUCUS参加を打診」や、「ロシア軍によるブチャ虐殺」、「ロシアが(サリンなどの)化学兵器を使用」、「プーチン政権内で昨夏に日本との武力衝突の可能性が検討されていた」などなど、そのいずれもが信ぴょう性が怪しく、全ては私たちの日本をウクライナ戦争に引きずり込み、「戦争が出来る国」に改悪させていくための悪質なフェイクや情報操作である疑いがあります。

なんせ、湾岸戦争の時には、偽者の看護師を用意して涙ながらに「イラク軍がクウェートの病院に攻め入って赤ちゃんを殺した」などとホラ話を世界に発信したり、イラク戦争勃発の際にも「フセイン政権は大量破壊兵器を持っている」とフェイクを世界に流したり、シリア内戦の際にも「アサド政権がサリンを使用して市民を大量に殺した」とウソ話を流布したりなどなど、欧米や日本のメディアの過去の前科を上げてもキリがないからね。
言うまでもなく、今回のウクライナ戦争においても、ロシアに対する憎悪をことさらに煽り、欧米(日本も)とロシアとの全面戦争に発展させるために大量のウソが醸成されては無制限に流布されていることを真っ先に疑うべきだし、まっとうな感覚や知性を持っている人であれば、(これまでも散々騙され続けてきた中で)さすがに今回ばかりはグローバリストが作り上げたフェイクに引っ掛かる人はいないのではと思うんだけど…。

同感です。
上に挙げた以外にも、ウクライナ戦争に関して欧米や日本のメディアが垂れ流している数々の情報について、多分に”嘘”が含まれていることを前提に受け取る必要がありますし、グローバル資本勢力に誘導されるがままに「ウクライナは正義・ロシアは悪」との思考に陥ってしまうと、いよいよ、取り返しのつかないまでに世界がかつてなかったまでの破壊や破滅に包まれていく恐れがあります。

日本国内で、こうしたまっとうな思考の下で現在のマスコミ報道のヤバさを指摘している知識人は、ごくごくわずかなのが現状だし、まずは、ゼレンスキー政権そのものが「最も危険で好戦的なグローバル軍産資本の忠実な傀儡」であることを理解した上で、世界の市民が「本当の非戦と平和の道」を模索しつつ、現在の悪徳売国政治屋による蛮行を止める必要があるだろう。

 

ゼレンスキー大統領の背後にうごめく「黒い人脈」!キーワードは「見えないナチス」と「ユダヤ資本」!

ゼレンスキーの「正体」!? 彼が人気を得たドラマのテレビ局オーナーは富豪のコロモイスキー氏。同氏はユダヤ人でオレンジ革命から「親欧米派」活動、今米国滞在。各国は軍事支援で戦闘長引かせず、停戦交渉の場を! 2022.3.23

ウクライナのゼレンスキー大統領は、国民総動員令を発し、外国人義勇兵を募り、ロシア軍への徹底攻勢を呼びかけて、全世界の注目を集めている。このゼレンスキー氏とは一体何者なのか?

ゼレンスキー大統領は、皮肉なことに、ロシア語話者が多いウクライナ東部出身のユダヤ人で、自身もロシア語話者だった。

コメディアンから俳優になり、テレビドラマ「人民の執事」の大統領役で国民的人気を得て、現実の大統領選に立候補し、当選した経歴を持つ。しかも驚くべきことに、そのドラマは大統領選の3日前まで放映されていたという(追記、このテレビドラマは、世界中で放映されるという。ウクライナ国内だけでなく全世界を「洗脳」するつもりのようである)。

また、ゼレンスキー氏の番組のテレビ局オーナーであるコロモイスキー氏は、ソ連崩壊後に公有財産を私物化した新興財閥(オリガルヒ)のユダヤ人で、1000万ドルをかけて創設した私兵部隊のドニプロ大隊を持ち、親ロシア派に対抗する他の民兵隊、有名になった#アゾフ大隊などにも資金提供しているとされる。

彼ら民兵は極右の反ユダヤ・反ロシア勢力だが、そのスポンサーが、かつて虐殺の対象だったユダヤ人の子孫である事は、大きな皮肉である。そしてそのコロモイスキー氏が片手でネオナチの私兵を操り、もう一方の手でウクライナの大統領の座に、ユダヤ人のゼレンスキー氏をすえたのも、驚くべきことです。さらに、現在米国在住のコロモイスキー氏の姿は、米政権に深く食い込む「ウクライナ・ロビー」と重なる。

~省略~

【IWJ 2022.3.23.】

アゾフ大隊

~省略~

また、支援者の中には、2014年3月から2015年3月までドニプロペトロウシク州知事を務め、オルガルヒでもあるイーホル・コロモイスキーも含まれているとの声もある[19][20][21]。実際コロモイスキーはドニプロペトロウシク州知事の時代には、2014年4月、ロシア側が支援する東部の武装勢力の捕獲に懸賞金を掛け、武器の引き渡しに対しても報奨金を出しており[22]、ウクライナでの2014年の親ロシア派騒乱への対応として、2014年4月に自州に「ドニプロ-1」特別任務パトロール警察大隊として最初に設立、この他にこの時、アイダール大隊、アゾフ大隊、ドニプロ1、ドニプロ2、ドンバス大隊の各部隊にも資金提供したとみられている。

~省略~

【Wikipedia(アゾフ大隊)】

ウクライナ戦争の内情と実態がだんだんとくっきりと浮かび上がってきたわね。
ゼレンスキー大統領とジョージ・ソロスらグローバル投資家を繋いでいるキーマンが、イーホル・コロモイスキーというユダヤ人資産家で、ゼレンスキー大統領はこの御仁が所有しているテレビ局で人気者になった上に、コロモイスキーは(悪名高き)アゾフ大隊などのネオナチ系民兵組織にも多額の資金援助を行なってきたとのことよ。

まさに、現在のウクライナ政界は、底知れぬ深い闇と汚泥にまみれているというのがふさわしいし、実際のところ、多数の善良なウクライナ市民がこれらの好戦的で過激なグローバル民兵組織に殺されてきたことが指摘されている。
とにかくも非常に悪質なのが欧米や日本のマスメディアであり、簡単に調べただけでも多数出てくるウクライナの腐敗について、一切報じようとしないだけでなく、真実性が極めて怪しいロシアにとってのネガティブニュースばかりを嬉々として垂れ流しまくっている有様だ。
これだけでも、日本のマスコミは、ジョージ・ソロスやロスチャイルドらグローバル資本勢力の完全なる洗脳広報局であることが分かるけど、日本の頭の悪い悪徳政治屋やマスコミ報道に騙されている人々がウクライナを手放しで応援すればするほど、ますますウクライナ戦争は泥沼化していき、罪のない善良な市民がさらに大量死していくことに繋がっていく以上、これを黙って見過ごしているわけにはいかない。

私たちの社会をここまで腐らせてしまっている最大の元凶は、まさしく、莫大な資金力を持っている「国境を持たないハゲタカ投資家連中」ですし、私たち一般市民はもちろん、それぞれの国の政治家・指導者すらもこれらの巨大資本勢力にいいように操られてしまっているのが現状だわ。

どうやら、大手マスコミにとっては、そもそも特権的ユダヤ勢力の歴史や彼らによる大量殺戮についても決して報じてはいけない「タブー中のタブー」みたいだし、こうした様子を見ただけでも、欧米日のマスコミは、彼らグローバル資本勢力の完全なる私物であることがよく分かるね。

とにかくも、ウクライナほど、鼻が曲がるほどの腐敗臭にまみれた国はそうそうないですし、ロシアや極東の”攻略”のために、すでにゼレンスキー政権そのものが特権的ユダヤ勢力に完全に乗っ取られてしまっている現状が、上の情報を参照しただけでもよく分かるのではないかしら。

 

「桜前夜祭疑獄」で不起訴処分になった安倍元総理に対し、弁護士グループが「起訴相当」を求めて検察審査会に申し立て!

桜を見る会問題 安倍晋三元首相の「起訴相当」議決を求め、弁護士らが検審に審査申し立て

安倍晋三元首相の後援会が「桜を見る会」の前日に催した夕食会費用補塡問題を告発した弁護士らは13日、安倍氏を不起訴とした東京地検特捜部の処分を不服として、「起訴相当」の議決を求めて検察審査会に審査を申し立てた。

申立書は、「安倍晋三後援会」が山口県選挙管理委員会に提出していた2017~19年分の政治資金収支報告書を20年12月に訂正した際、補塡の原資を隠すため「前年からの繰越額」を増額する形で訂正したと指摘。

安倍氏が原資について、自身の預金を下ろして事務所で保管していた資金だったと国会で答弁していたのを踏まえ「訂正内容が虚偽なのは明らかだ」とし、政治資金規正法違反(虚偽記入)に当たると主張している。

~省略~

【東京新聞 2022.4.13.】

確かに弁護士グループの言ってることはその通りですし、桜前夜祭疑獄において安倍氏が不起訴になること自体、異常事態そのものだわっ!!

安倍氏を告発した弁護士グループよくぞ再び申し立てをしてくれたし、検察の不起訴処分に対して「あまりにもおかしい」と感じるのは、民主主義社会の中で生きている人にとっては至極当然の感覚だろう。
当サイトでも、安倍氏の桜疑獄について当時に何度も詳しく取り上げてきたけど、数多くの証拠も揃っている中で安倍氏の違法行為は明白であり、さらに悪質なのは、国会の中で安倍氏が数えきれないほどの虚偽答弁を繰り返してきたことだ。
いずれの無法行為も、法治国家の日本社会において決して許してはいけないものだし、この疑獄事件で安倍氏が不起訴処分になったこと(さらには、今ものうのうとキングメーカー気取りしながら、ジャパンハンドラーの意向に沿って日本の破壊にまい進していること)の異常性について、日本国民はもっと危機感を持った方がいいだろう。

今回の申し立てに対して、検審と検察がどのような対応をするのかが見ものだけど、これで不起訴相当の議決が出されたり、あるいは不起訴不当で検察が再捜査を行なって再び不起訴にされたら、この国もいよいよおしまいかもしれないわね…!!

そうなると、「やはり日本国民や法律は『田布施一族』には手も足も出せない」という事実を強烈に突きつけられることになるね…。
どうなるか分からないけど、まずは検察審査会がどう判断するか、その成り行きを見守っていくとしよう。

 

編集後記

記事を執筆中に「山本太郎氏が衆院議員を辞職する」との一報が…!!本当に驚きました。
次の記事更新時に早速取り上げたいと思います。

 

=====================

※有料会員登録が完了しているにもかかわらず、「ゆるねと通信」などの有料会員限定記事において「このコンテンツはあなたの会員レベルでは閲覧できません」との表示が出てしまう場合、トップページの「有料会員さまへの重要なお知らせ」をご参照くださいますよう、お願いいたします。

==================

※会員限定記事内(無料会員含む)における記事の無断転載はご遠慮いただきますようお願いいたします。